髪にいい石鹸の成分



石鹸シャンプーと言う商品をご存知でしょうか?石けん素地・脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム等が主成分であるシャンプーであればこのカテゴリーに入れることができます。 一般的に市販されている合成シャンプーと比べると若干使い心地に差が多くみられます。 結果このように市販の合成シャンプーでは弱酸性〜中性の液体ですが、このシャンプーは弱アルカリ性に徐々に傾いています。 また合成シャンプーのようなシリコン成分(指通りをなめらかにする成分)が含まれていないのです。 それが結局はこうして初めて使う方からみると良いでしょう。 すすぎを行った後、髪の毛のコンディションが悪化してきしんでごわついてしまうと感じられることもあるようです。 TOP


石鹸と化学成分の関連



石鹸シャンプーもリンスと対になっています。 こちらのリンスは弱アルカリ性に傾いた頭髪を中和させる働きがあるクエン酸等が、ここでは含まれています。 リンスを用いて中和させることによって髪の毛本来の状態に戻すことを最終的な目的としています。 実は過去を振り返ってもあまり知られていませんがリンスはご自宅の食卓で用いる食酢やレモン汁でも全くかまいません。 シャンプー後にきしみ等が気になることも多いかもしれませんが、自然と慣れてしまうと合成シャンプーがあります。 ここでは、もしかすると若干使いにくくなる方もいるほどです。 所謂、市販のシャンプーやリンスは合成された成分や保存料・防腐剤としての多種にわたる成分が、ここにはかなり多く含まれています。 既存ある店頭に並べられている石鹸シャンプーは自然の成分で作られています。 そう考えると環境に優しいといえる商品です。 そして香料に弱い方でも石鹸シャンプーは無添加であったりしています。 しかし、これが、今ではやはり自然のエッセンシャルオイルをこれの香料として用いているような商品もあります。 比較的多いので肌に優しく、また店頭でも安心してお使いいただけます。
ヘアカラー クリーム状の染料
妊娠中のカラーや水分補給
自分に合った商品を探す