ヘアカラーの色持ちの期間は長い



ヘアカラーとは、別名カラーリングともいい簡単に言ってしまうと髪の毛の色を変えてしまうということです。 現在ではファッション・メイクを楽しむような感覚で、髪をカラーリングする方が沢山います。 このヘアカラーは髪の毛の色やコンディションを変えてしまうので、やはり多少のダメージはつき物です。 しっかりと髪の毛のケアをしながらヘアカラーを存分に楽しむようにしましょう。 ヘアカラーは、毛髪のメラニン色素を脱色させて毛髪の内部に色素を、ここから浸透させていきます。 その化学反応によって髪の毛が染まる仕組みになっていますが、これが、ずっと色持ちがよくて通常では大体2〜3ヶ月くらいは持ちます。 ですから黒い髪の毛も色々な色に染めることができ、沢山のおしゃれを楽しむことができます。 最近ではヘアマニキュアやヘナなど沢山のカラーリング方法が研究され登場し出てきています。
TOP


ヘアマニキュアはダメージが少ない



ヘアマニキュアは色素を毛髪の少し内側まで浸透させるものですが、これが化学反応でできた色素ではないので髪に対しての影響やダメージも少ないです。 比較してもヘナは天然の染料なのでダメージもなくヘアカラーできます。また天然ハーブの力でトリートメントをしながら染めるのです。 髪だけではなくて頭皮にもとても優しいですので、ここでヘアカラーをする際には、常に気をつけて欲しいのがあります。 あまりここでは明るい色味をはっきりとしたコントラストとしてです。 無理に過剰に出しすぎないようにするということです。 明るい色味をすると髪にダメージを与えやすいからです。 もし明るい色味を出したい場合は、自分でやるのではなくて、やはり、ここでは髪の専門である美容院などへ、いくら面倒でも行ってヘアカラーすると良いでしょう。 美容室と同じ様にするにはヘアカラーにも沢山の種類がありますので、まずは自分に適切な合ったものを、最初に吟味し選ぶようにすると結果的に良いでしょう。
石鹸シャンプー
クリーム状の染料
妊娠中のカラーや水分補給
自分に合った商品を探す